blog index

お花屋さんのつぶやき

  犬山市 花の香花園 しろひがし店
   〜 店主 の 日記です。 〜 
     
お花の話題、趣味の話、その他いろいろです。
おつきあいのほど、よろしくお願い致します。  (*^_^*)
<< あけましておめでとうございます。 | main | 春のお花が並んでますよ。 (*^_^*) >>
2018年 映画回顧録
愛知県犬山市のお花屋さん 花の香花園しろひがし店 店主です。

さて、皆様はどんなお正月を過ごされましたか?

僕の場合、年末の疲れが出て、風邪をひいて
カミさんの実家と映画以外、ほとんど、自宅待機でした。。 (^▽^;)

ちなみに、映画は、、これ。。。



53のおっさん(僕)とカミさん、
年頃の娘2人(高校生と短大生)で。。 (^▽^;)

さて、ここで、恒例の!!
    (まだ、2年目ですけど。。。)
2018年に、わたくしが見た映画の評価を発表します。

1年で、なんと17本。
たくさん、見ましたよ〜。  (#^.^#)

ちなみに、星マークをつけてみました。
★5つが最高点です。

全くの個人的主観による点数です。
反論は受け付けません。。 (^▽^;)

では、、、、


1本目 「DESTINY 鎌倉ものがたり」  ★★★★★
 2017年の年末に見ましたので、2回目となります。
 なかなか、日本の映画らしい、いい感じです。。

2本目 「今夜、ロマンス劇場で」  ★★★★★
 ロマンチックな、ラブファンタジーです。僕の好みの映画です。
 「あしかがフラワーパーク」の藤棚のシーンが圧巻!

3本目 「リメンバー・ミー」 ★★★★
 メキシコを舞台にした、いかにもディズニー映画らしい、
 アニメ映画でした。

4本目 「名探偵コナン ゼロの執行人」 ★★★
 とにかく、後半が派手。やりすぎ感あり。人間離れした物語。(笑)

5本目 「50回目のファーストキス」 ★★★
 筋立てはなかなかいいのですが、
 コメディー部分にちょっとついていけませんでした。。 (^▽^;)

6本目&9本目 「カメラを止めるな!」 ★★★★★
 いわゆる、昨年の超話題作ですね。これは、おすすめです。2回見ました。
 ホラー嫌いのカミさんが、前半、凍り付いていましたが。。。 (笑)

7本目 「銀魂2 掟は破るためにこそある」 ★★
 その、カミさんの好みの映画です。内緒ですが、DVDも買っちゃったよ。

8本目 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」 ★★★★
 いかにもハリウッドらしい作品。グイグイ引き込まれます。

10本目 「プーと大人になった僕」 ★★★
 これも、なかなかディズニーらしい映画でした。
 プーさんの「何も7しないを、しているよ」が、
 (自分も含めて) あくせく働く現代人への名言かと。。

11本目 「パパはわるものチャンピオン」 ★★★★★
 これは、予告編からの想像通り、いい映画でした。
 「家族のために、パパはわるものになる」のキャッチコピーがいいですね。
 そして、主役の棚橋弘至が、普通っぽくて良かったです。

12本目 「コーヒーが冷めないうちに」 ★★★★ 
 泣けると評判の映画。はまっちゃう人がでますね、これは。。

13本目 「若おかみは小学生」 ★★★
 子供向けに見えて、見ると印象が全く違う作品。
 これが意外な大穴かも。。 後半大きなどんでん返しが待ってます。。

14本目 「ボヘミアン・ラプソディ」 ★★
 う〜ん。。意外に、この作品、僕には合わなかったな。。  (・_・;)
 カミさんも、僕と同評価。

15本目 「人魚の眠る家」 ★★★
 大人向けです。 音楽が、微妙に怖いです。ホラーの様で。。
 作品としては、なかなかしっかりした社会派のドラマでした。


16本目 「日日是好日」 ★★★
 こちらも、なかなか大人向け。 日本の四季と、お茶を通して
 日本の映画の良い所を抽出したような映画。 樹木希林さんの遺作でしたね。

17本目 「旅猫レポート」 ★★★★
 予告編から想像できる通り、主人公の余命ものです。
 深刻なテーマながら、愛らしい猫の撮り方と、
 ごく自然体の福士蒼汰の好演で、なかなか良い作品に仕上がってました。



今年は、映画評論家になろうと思ってます。。。   (^▽^;)
| 花の香花園 | 映画・テレビ・舞台・本の話題 | 19:11 | - | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

bolg index このページの先頭へ